記事一覧

「不動産」・「相続」無料相談会のお知らせ

ファイル 30-1.jpg

ファイル 30-2.jpg

ファイル 30-3.jpg

ファイル 30-4.jpg

ファイル 30-5.jpg

ファイル 30-6.jpg

知ってますか? 中古マンション価格天気図

(株)東京カンテイが全国47都道府県のファミリータイプの既存マンション流通価格を70平方メートルに換算・集計して、その価格変動を、上昇傾向は「晴」、下落傾向は「雨」などの天気マークで表現するものです!

30日、2018年6月度の「中古マンション価格天気図」を発表したところ

「晴」が17地域で最多!!
 
価格は中国、九州地方で強含みの傾向 東北と四国でやや弱含む


ファイル 29-1.jpg


東京は横ばいで「晴れ」ですが、神奈川は値下がりした地域もあったようで「晴れ」から「薄日」に転落したようです

なぜこのエリアは改善しているのにこっちのエリアは下落傾向なのだろう?と考えながらこの地図を眺めているのは楽しいですね!!

渋谷 東横線跡地 9/13オープン!

ファイル 28-1.jpg

東京急行電鉄(株)は26日、東急東横線の線路跡地を活用した複合施設「渋谷ブリッジ」の初弾オープンを9月13日に決定!全体区画の出店・入居テナントも決まったようです。

ファイル 28-2.jpg
A棟には保育所が入居

ファイル 28-3.jpg
B棟にはホテル・店舗・オフィスが入居

2012年にオープンした「渋谷ヒカリエ」をはじめ、その他7つのプロジェクトを進めている「渋谷」。今でも若者、IT企業、観光者が相当数集まっていますが、今後更に成長し、日本を代表する街になっていくのだと思います。

渋谷で古くても安い物件があったら「買い」かもしれません!

新規公開 「コスモ新桜台1階」

ファイル 27-1.jpgファイル 27-2.jpgファイル 27-3.jpgファイル 27-4.jpg

こんにちは、江古田本店の柿沼です。
毎日暑いが続きますね。。
今日は気温も少し下がり過ごしやすい一日になりそうです。

本日は、新規で募集を開始した分譲マンションを紹介します。
いわゆるオーナーチェンジ物件ですが、外観グレード、共用部の管理体制、立地と非常に優れた建物です!

是非、ご興味をお持ち頂いた際にはお気軽にご連絡下さい。

住宅専用地にコンビニ 建築規制を緩和へ !

 国土交通省は主に住宅だけを建てられる地域に、新たに商業施設を設けられるように建築規制を緩和する。2019年夏から、一定の条件を満たせばコンビニエンスストアなどをつくれるようにする。少子高齢化が進んで小売店が撤退したような地域では、徒歩で通えるコンビニなどへのニーズが強い。騒音対策などを施すことを前提に、町づくりの自由度を高める。~2018.7.21日経新聞より一部抜粋~

ファイル 26-1.png

駅から遠い立地にある住宅街は買い物に不便であることはもちろん、夜の帰り道は暗く、事故や犯罪にもつながりやすいので、不動産価値としてはあまり高くないことが多いです。

ファイル 26-2.jpeg

このような規制緩和により、今までコンビニなどの一定規模以上の商業施設が建たなかった住宅街(第一種低層住居専用地域)にコンビニが出来るようになることで、その立地の不動産価値を高めることにもつながるので、とても良い政策だと思います!!

ファイル 26-3.jpg

住宅・マイホーム購入におけるローンの種類

ファイル 25-1.png

こんにちは、江古田本店の柿沼です。
本日は住宅購入と切っては切れない住宅ローンについて少しお話をします。

住宅ローンは都市銀行・信用金庫・ノンバンク等の様々な借入先が有りますが、どこがいいのか悩むところですね。
返済計画や将来的なプラン等によって自身にとって一番合うものに決めるのが一番ですが、その参考に少しでもなればと思います。

銀行ローンを主体とする「民間融資」
まず最初に想像できるのが、各銀行による住宅ローン。
所定の条件を満たす場合、店頭金利より低い金利が適用されるものなど、魅力的な商品が登場している。銀行以外にも、住宅ローン専門会社や生命保険会社などが取り扱う民間融資もあります。

自治体等の公的機関による「公的融資」
財形融資は、勤務先で財形貯蓄を1年以上行っていて、残高が50万円以上ある人が利用できる融資。借入時の金利は1%前後(5年固定)で、財形貯蓄額の10倍まで借り入れできる(最高4000万円)。民間融資や【フラット35】と併せて利用することも可能だ。財形貯蓄を行っている人は勤務先に確認してみましょう。

民間融資と公的融資の中間に位置する「協調融資」
CMで一度は聞いたこともある【フラット35】は、住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われる融資。借入時に決められた金利がずっと適用される「長期固定金利」が特長で、一定基準に適合する住宅の購入、建築に利用できる。窓口になるのは民間金融機関で、金融機関によって金利が異なる。なお、「省エネ性、耐震性、バリアフリー性、耐久・可変性」のいずれかについて優れた性能を有する住宅については、一定期間金利引き下げが受けられる「【フラット35】S」が利用できます。

それぞれ、特徴がありますのでご相談頂ければと思います!

投資用不動産についての現状意識

ファイル 24-1.jpgファイル 24-2.png

以下はさる大手不動産会社が統計した投資用不動産についての、
アンケート結果を抜粋したものですが、
近年、投資不動産に対しての認知度が幅広くなり、
投資家以外にも会社員の方や一般の方も不動産投資に積極的に
なってきました。
やはり、毎月家賃収入が発生する、株等と違って資産価値が
いきなりゼロになるリスクも限りなく低い点等が挙げられます。
不動産投資は正しい知識を持って、方法を間違えなければ極めて
リスクの低い投資ですので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談下さい!

投資用不動産の買い時感について、「買い時」が22.1%(前年比4.7ポイント低下)、「間もなく買い時が来る」が36.7%(同15.7ポイント上昇)と合わせて「買い時」が58.8%となった。買い時だと思う理由では「オリンピック効果」「融資が厳しく不動産価格が下がると予測できる」といった声が挙がっている。一方、「買い時はしばらく来ない」が41.2%(同11.0ポイント低下)となり、その理由は「オリンピックまで建築費、人件費がかかる」などが挙がっている。

 1年後の不動産価格については「上がる」が18.4%(同6.5ポイント低下)、「下がる」が32.8%(同6.2ポイント上昇)、「横ばい」が48.8%(同0.3ポイント上昇)と、「下がる」が大幅に上昇した。

 今後の展望については、「買い増しを検討したい」が50.6%で過半を占め、「買い替えを検討したい」が32.0%、「現在の所有物件を保有し続けたい」が13.1%となった。投資用不動産の購入を検討する上で重視するポイントについては、「エリア・立地」が81.2%でトップ。以下「利回り」57.7%、「価格」52.6%と続いた。

女性の不動産投資を応援したい!

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.png

先日、女性のお客様とお話をさせて頂きましたところ、その方のサクセスストーリーを伺うことができました。

現在40代のその方の資産総額はなんと 10億前後(負債含む)。親の力を借りずに自分で購入した不動産がほとんどです。

始めて投資用不動産を買ったのは28歳で、ワンルームマンションを1,500万円で購入したとのこと。そこからコツコツと資産を増やしていきました。
この思い入れのある1件目の不動産も最近売ることができて、販売価格はなんと2,000万円。
数十年間家賃でローンを返し残債を着実に減らし、節税のメリットも享受し、売却益を得ることができ、余ったキャッシュで次の投資をかんがえているようです。

なぜこのような事が可能なのか?
次回は2014年アメリカでベストセラーとなった、フランスの経済学者“トマピケティ”著書「21世紀の資本」に書かれている内容が参考になりそうなので、そのお話をさせて頂きます!

お役立ちツール

ファイル 22-1.jpg

こんにちは、江古田本店の柿沼です。
弊社では売買物件のお持ち帰りチラシを店頭にご用意しています!
もちろん無料で配布していて、毎月1日に入替の更新をしています
ので、売買物件を探している方、まだ検討中の方でもお気軽に
お持ち帰り頂ける様にしています。
マンション一戸建土地と分けてご用意しています、
お客様のご要望に合わせて店頭でも各種ご相談承っていますので、是非店内へもお気軽にお入り下さい(*´з`)

どっちが先? 不動産投資ローン vs 住宅ローン

ファイル 21-1.jpg

これからローンを組もうと考えている方で、不動産投資にもご興味がある方は気になる題材だと思います。

ローンを組むなら
不動産投資ローンを先に組んだ方が良いのか?
住宅ローンを先に組んだ方が良いのか?

不動産投資ローン
  vs
 住宅ローン

ここからは私見ですが
不動産投資ローンを先に組むことをお勧めいたします!

金融機関は融資の審査をする際に「返済比率」というものを基準にします。
これは借りる方の年収から毎月いくらくらいなら支払いをしていけるかという判断で、年収にもよりますがだいたい年収の35%~40%くらいのところが多いようです。
(例1)
年収600万円×35%÷12ヶ月=175,000円
月に175,000円までは支払が可能と判断されます。

先に住宅を買う場合、上記返済比率の上限まで融資を受けてしまうと、もう支払い余力が残らないので、これ以上融資不可と判断されてしまいます。

しかし先に投資用不動産を購入すると、ローンの支払は毎月の家賃収入で行い、支払後に残った現金が貯金できることになります。(黒字経営が原則です)
この黒字経営を3年続けると家賃の60%~80%は年収にプラスできると判断してもらえるので、ローンの支払いが収入の60%~80%に収まっていれば、返済比率を全く減らすことなく次の借入ができます。
また、不動産投資で手元にたまった現金を頭金に回すこともできますので、この貯まった現金も使ってで自宅を買うも良し、投資物件を買い増しするも良し、人生の選択肢が広がります!

ページ移動